代理営業ビジネス

この項目では、代理営業ビジネスについて説明します。 目次 代理営業ビジネスとは?こんな人におススメ・実力が正当に給料として評価されていない営業マン・営業が得意な人業務内容メリット・デメリット■メリット・好きな時に好きなだけできる・実力が正当に評価される(成果主義)・定年退職が無い■デメリット・実力が正当に評価される(成果主義)・自分で確定申告をする必要がある実際に稼げる金額代理営業ビジネスを始めるには?おススメの契約先は日本省エネルギー推進協会 代理営業ビジネスとは? 企業や商店の委託を受け、代理店の扱いとして営業活動を行うビジネスです。 報酬は営業の成果による完全歩合です。営業の経験がある方や、営業が得意な方におススメです。 営業が得意なら、定年も無く好きなだけ続け、好きなだけ稼ぎ続けることができます。   こんな人におススメ ・実力が正当に給料として評価されていない営業マン ・営業が得意な人 「営業で何億円相当の契約をいくつも取ったのに、俺の月収は22万固定….はぁ。」 実力や成果が給料として評価されていない営業マンの方には特におススメです。 契約を取った数ごとの歩合で、売上の何パーセント、 売上ごとに何円と明確に定められていることがほとんどのため、今より収入が増える可能性が大。   業務内容 契約先により異なりますが、アポまで、または成約までの業務を請け負うことがほとんどです。 おおよそ契約先から説明等があります。   メリット・デメリット ■メリット ・好きな時に好きなだけできる 請負、業務委託ではあなたが仕事をする時間を決定します。 好きな時に好きなだけ、仕事を行い、仕事を受けることが可能です。 ・実力が正当に評価される(成果主義) 例えばあなたが会社で業績トップの営業マンで、月に何億円と売り上げているとします。 しかし、固定給で月収は22万円。あなたの横で全く業績を上げず文句ばかり言う馬鹿も同じく月収22万円。 あなたが稼いだお金は、他の無能を養うための補てんとして使われ続けます。 そんな馬鹿馬鹿しいことに協力してやる筋合いはありません。 契約書で、1件ごとに売上の10%と定められている内容で、同じ業績を上げたなら月収は数千万円です。 ・定年退職が無い 法的な扱い上では、個人事業主となるため、働く意思がある限り働き続けることができます。 ■デメリット ・実力が正当に評価される(成果主義) これはメリットでありながら、同時にデメリットです。 基本的に完全成果主義であるため、1件も契約が取れなければ支払いは1件もありません。 ・自分で確定申告をする必要がある 所得税は毎年自分で確定申告を行う必要があります。 しかし、今の日本ではそこまで難しいことではありません。 例えば、やよいの確定申告オンライン等のサービスを利用すれば、日々の売り上げや稼ぐために使ったお金(経費)を パソコンやスマートフォンで簡単入力して、困った時は電話サポートを利用しながら誰でも簡単に確定申告用の書類を作成できます。   実際に稼げる金額 契約先により異なります。 例 1件ごとに1万円。1件ごとに販売価格の10%等。 業種や契約先により、1件単価で100万円を超えることも有り。 月収:おおよそ0~5,000万円 年収:おおよそ0~1,000万円※ ※年収が1000万円を超えるラインになれば、会社として起業した方が有利になり、 その場合はビジネスの枠が変わるため1000万円を上限として採用しています。   代理営業ビジネスを始めるには? おおまかな流れ ①代理店募集サイト等で、代理店情報を探す。 代理店募集ドットコム(外部リンク) や アントレ(外部リンク) 等で気に入る条件を探す。 ②契約したい企業と相談し、契約する。 お問い合わせ、資料請求をして契約する。 ※契約料がかかる案件は当ウェブではリスク案件として始めての方にはおススメしていません。 おススメの契約先は日本省エネルギー推進協会 公益団体「日本省エネルギー推進協会」の代理店契約がおススメ! (※当ウェブサイトのスポンサーです。) 日本省エネルギー推進協会では、業務委託による省エネ広報に強く力を入れており、比較的有利な条件で販売活動ができます。 販売商材は、法人向けの省エネルギー関連商材(主に省エネ照明のLEDやCCFL、省エネ空調、等。) 契約料は0円。すぐに始めることができます。 報酬は施工金額からのパーセンテージでの支払いとなっています。 (大型商業施設の改装案件では、施工金額が1千万円を超えることも有り!) 詳細な条件は、守秘義務に該当するためこちらでは掲載できませんので、 下記にお問い合わせ先のリンクを掲載します。 詳細はこちら 日本省エネルギー推進協会 各種提携について https://ecpa.jp/alliance/   お仕事一覧へ戻る